外科療法や放射線療法が使われる咽頭がんの治療法

機能が失われることがある

がん細胞は正常だったはずの細胞が悪性になるもので、そのため身体の機能が失われてしまうという特徴があります。手術によって切除することができても、身体の機能は一部失われてしまうことがあるため、生活の質が重要視されるのです。

完治させるための過程

玩具の病院と人形

生活の質が最優先

がん治療には外科手術が効果的です。これは医療技術が進んできた現在でも同じことが言えます。しかし、治療の初期段階ではほとんど外科手術は利用されることはありません。
それは生活の質を最優先するためです。咽頭がんを手術すると、食物を飲み込む、喋るなどの基本動作ができなくなることがあります。最初に手術を行なってしまうと、完治はしても生活の質が下がることがあるため、外科手術から行なうことはないのです。
生活の質は健康であっても重要視されます。自分の見た目が気になってしまって生活に支障が出てしまうなら、美容整形をするという選択肢もあるように、できるだけ今ある生活を失わないようにするために医療は貢献しなければならないのです。そのため、生活スタイルを考慮して治療が行なわれるのは医療現場では当然のことといえます。

放射線療法が効果的

外科手術を咽頭がんの治療で最初に行なわないようにするのは、生活の質を保つため以外にも理由があります。それは、放射線療法や抗がん剤治療が効果を発揮しやすい病気だからです。
特に咽頭がんに効果的なフルオロウラシルといった抗がん剤は、放射線療法と併用して投与するととても効果的だとされているのです。
放射線療法や抗がん剤を使わずに、小さながんであれば凍結療法で済ませることも多いです。外科手術よりは大幅な切除はできませんが、悪性腫瘍だけを狙いうちできますししかも身体の表面に傷がつかないので傷の治りも早くなります。そのため声を出すために大切な喉を守ることができます。

外科療法の方法

上咽頭の機能とは嗅覚だけでなく、聴覚や視覚にも関連する機能があるため、生活の質を保つためにも基本的には外科手術が行なわれません。
やむをえず行なう場合とは頸部リンパ節に転移が認められた場合ですが、これも切除は一部のみに止めることを目指します。
下咽頭に発見された場合だと既にステージが進行していることが多いため、多くの場合周りの臓器も切除することになってしまいます。
上咽頭や下咽頭の手術をして、その結果機能が失われることも当然ありますので、その場合は機能を取り戻す手術を行ないます。しかし、再建できるのは一部の機能のみになってしまいます。最適な方法で咽頭がんの進行を食い止めましょう。

咽頭がん治療における免疫細胞療法

副作用がほとんどない

抗がん剤治療が咽頭がんの治療ではメジャーな方法となっていますが、抗がん剤投与は副作用の心配があります。しかし、免疫細胞療法だとがん細胞だけを狙いうちするために、副作用がほとんど出ないという特徴があるのです。

耐性が起こらない

抗がん剤を投与することで、その抗がん剤に弱いがん細胞は減少、増殖が止まります。しかし、人間の体は薬に対して強化されるという作用が起こるのです。それが「耐性」というものですが、免疫細胞療法だとそれは起こりません。

上咽頭がんの治療に効果的

がんの治療で辛いのは、副作用のこともそうですが通院することです。ただでさえ体力が弱まっているのにも関わらず、治療や検査で待たされるのは体力的にもきついことだといえますが、免疫細胞療法の点滴なら30分程度で済みます。

全身に効果的

身体を通過する放射線は影響を最小限にするために一部しか照射することができません。しかし、免疫細胞療法であれば点滴をするので、血液によって薬が全身に運ばれていくのです。そのため上咽頭がんの治療に効果的です。

続けて投与できる

抗がん剤には耐性が起こることがありますし、放射線は当て続けると身体に害が及んでしまいます。免疫細胞療法なら副作用もなく耐性も起こらないです。また、それは継続的に治療することができるという意味になるのです。

広告募集中